ススキ

川原のススキは天の川
やわらかく弧を描いて続いていた
風が吹いてしずかに瞬いていた

橋の上からそれを見て
遠い、遠い空のことを想った
死が頭をよぎった

ここから飛び降りれば
はるかな宇宙へと飛んでいけるんだと思った

車の流れと正午のサイレン
黄色の公孫樹と太陽と・・・

"ススキ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント