愛、宇宙、ビッグバン・・・

かつて、宇宙は、あらゆるものはひとつだった。
あのビッグバンによって宇宙はひろがっていった。
そのときだ。
「他者」というものが生まれたのは。

「愛」とは、かつてすべてのものがひとつだった頃への郷愁なのかもしれない。
それでもなお、宇宙は拡散を続けている・・・
「愛」よりも「憎しみ」のほうが強いのだとしたら・・・
「愛」とは、ささやかな抵抗にしかすぎないのだとしたら・・・

それでも、われわれは・・・
      「愛」を信じることができるか!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひろたか えいほう
2010年05月02日 18:42
ビックバンによって他者が生まれたという考えは、私と同じだと思いまた。
 ビックバンが起こったときに、自己意識という円環構造の意識が生まれ、それと同時に他者という明確な存在も発生したのだと思います

この記事へのトラックバック